副理事長(副会長)挨拶

高橋春男写真2019.8

高橋 春男

46回生

副理事長(副会長(総務担当))

東京城南支部

 

 今年度、新しく理事に就任いたしました。

 今までは、昭和大学医学部同窓会の監事として、その任を担っておりました。

平成31年3月までは、昭和大学の眼科学講座に籍を置いておりました。

医学部同窓会も法人化され、直近に迫った設立90周年の記念事業、

また100周年記念事業への橋渡しを行うことを第1の目標とし、

また会員相互の交流を深めることが重要であると考えております。

今後とも頑張ってゆきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 

%e6%b0%b4%e5%b7%9d%e5%95%93%e5%ad%90%e5%85%88%e7%94%9f

水川 啓子

46回生

副理事長(副会長(福祉担当))

東京城南支部

神奈川県出身

 

 山本会長のもと、昭和大学と同窓会のさらなる発展の為、又、同窓生間のより親密で有意義な関係構築の為に微力ながら、努めて参ります。

 

 

米山先生

米山 啓一郎

47回生

副理事長(副会長(慶弔・学術担当)) 

東京城西支部

東京都出身

 

 今回再任の山本 登会長の下、再度、副会長を拝命しました。

これまでの経験を活かし、より良い同窓会活動を目指して山本会長をサポートしてまいりたいと思います。

同窓生の皆様・幹事・監事・事務・支部役員・クラス役員の皆さまのご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 

 

平泉先生

平泉 裕 

50回生

副理事長(副会長(支部担当) )

大学支部 

東京都出身

 

 私は昭和大学を卒業後、30年間近く昭和大学整形外科学教室脊椎脊髄外科班に所属し、その大半を大学病院の中で過ごしてきました。

以前は大学理事長の命により厚生労働省関東信越厚生局に技官として赴任しておりました。

その3年間の期間中、昭和大学付属病院ならびに昭和大学同窓生の医療機関に対して行政官の立場で公正中立な視点で接しながらも、

心の中では卒業生・同窓生としての仲間意識を決して忘れることはありませんでした。

この度、山本 登会長のもと昭和大学医学部同窓会 支部担当副会長ならびに

同窓会ホームページ担当を拝命しましたので、全国の都道府県・地域支部会への

本部役員派遣をさらに活発化させると同時に、同窓会会員の皆様と母校である昭和大学との

交流、情報交換、地元出身学生に関する情報提供など

役に立つニュースをインターネットのウエブサイトからも発信してまいりたいと考えております。

医学部同窓会に関するご意見・ご要望がございましたら、

同窓会事務局まで、お寄せいただきたくお待ち申し上げます。

 

 

画像同窓会(土佐)

土佐 泰祥

54回生

副理事長(副会長(経理担当) ) 

学内支部  

東京都出身

 

15年前にご縁があり、同窓会のお仕事をさせて頂く機会を頂戴致しました。

その時から経理担当となり、色々なことを経験させて頂いてきました。

山本 登会長のユニットでも、引き続き経理を担当させて頂いております。

昭和大学では形成外科に所属し、5年前より「マダガスカル口唇口蓋裂医療協力」のプロジェクトに参加して

本学の建学の精神である「至誠一貫」を海外でも実行すべく

4学部の学生さんとともにマダガスカルに毎年約2週間滞在をして医療活動に従事しております。

この度、副会長ということで、身の引き締まる思いで、浅学非才の身に鞭を打って

同窓会のために努力を続けていく所存でございます。

同窓の先生方の引き続きのご指導ご鞭撻をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

名称未設定 2

中尾健太郎 

57回生

副理事長(副会長(広報・渉外担当)) 

神奈川県支部 

東京都出身

 

同窓会の役員として仕事を始め、9年になりましたが、この間は上級生の同窓の先生たちから

過去に大学であったことなど、いろいろな大学と大学同窓会の歴史を教えてもらいました。

現在、私立医科大学同窓会の共通の悩みは若い同窓生の同窓会離れ、また女性役員が少ないことです。

若手の同窓生の参加はまだまだのように感じられます。

またそのことは支部会の活動にも関わってきています。今回、再任の山本登会長のもと、

広報・渉外担当の副会長を拝命しました。

副会長の中では一番若く先輩たちからの指導を受けていく立場ではありますが、

先輩たちの言葉を若手の先生方に伝えていく事を責務とし、職に就く所存です。

今後とも同窓生の皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 

 

                              2019年6月23日